大人は楽しいぜっ

このブログには精神的嫌悪感を与える内容が含まれています。
2012 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 06
月別アーカイブ  [ 2012年05月 ] 

映画 「 ティファニーで朝食を 」 

公開:1961年
原題:Breakfast at Tiffany's

■感想・レビュー

「人は愛し合うんだよ。お互いのものになるんだ。」


ローマの休日などでお馴染みの超有名女優オードリヘプバーンの有名な作品の一つ。

舞台はニューヨークでリッチな生活を過ごす少女?の物語です。
テンプレ的なトレンディドラマといった感じでしょうか。

今まで見たことがありませんでしたが、見る機会ができました。

話はすごい王道なのですが、変な日本人の「ユニオシ」が所どこに出てくることによってコメディ調になって普段のシーンとの差ができて良い感じにメリハリが出来ていていいですね。
しかし、日本人から見てユニオシはあまりに外国人がイメージする日本人ぽくて気持ち悪いw

話は予想通りに進むのですが最後の方の男主人公がタクシーの中で言うセリフはすごく好きです。
檻に入れられるのが嫌だから逃げているけど、どこへ逃げても自分の檻はやぶれないみたいな感じのセリフが。
劇中だともっと良い感じのフレーズで言ってますが、今の時代でも通用する言葉だと思います。
ここらへんは感銘をうけました。

それにしもオードリヘップバーンはどんなシーンでも本当に品がありますね。
何をやっても様になって画面に釘付けになります。
さすが、誰もが知る女優って感じでレベルが違いますね。
BDの特典で付いていたティファニー社の150年記念の手紙もいいセンスしてました。

作中でも言われてますが、彼女の体について骨と皮っていう表現は確かですね。
世界中の女性が憧れて、細いほうが美しいっていう文化が根づいたのでしょうか。
私的には”少し”くらいふくやかなかほうが好きなのですが。
まあ、オードリヘップバーンは全然関係ない問題です。

ほんとに王道っていいですね。
何時まで経っても色褪せることをしらない。

みんなのシネマレビュー ティファニーで朝食
ティファニーで朝食を wikipedia


ティファニーで朝食を [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-12-16)
売り上げランキング: 3717

スポンサーサイト



[ 2012/05/28 23:04 ] 映画 | TB(0) | CM(0)