大人は楽しいぜっ

このブログには精神的嫌悪感を与える内容が含まれています。
2023 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312023 04

エロゲ 「僕と、僕らの夏」 感想・レビュー・攻略

タイトル:僕と、僕らの夏 完全版
メーカー:light
ジャンル:アドベンチャー
発売日:2003/08/08
プレイ時間:13h
原画:笛
シナリオ:早狩武志,瀬尾順

公式HP:http://www.light.gr.jp/light/products/bokunatu/index.htm



■攻略
SpesialMearge版をプレイしましたが、選択肢の多さとランダム分岐あるためか全てを網羅した攻略サイトもないので下記サイト様を参考にしてプレイしました。
CGや回想は完全版だけでは100%にいかないようなので、コンプを目指すならPC版とDC版もクリア必須かと思います。
ガルバスラ / 『僕と、僕らの夏-完全版-』攻略
【レビュー】 僕と、僕らの夏 完全版 ★★★ - ごった煮/やみなべ系
「僕と、僕らの夏」攻略

簡単にまとめると基本4ルートありそれぞれの視点があります。
貴理ルート (恭生・貴理視点/英輝・有夏視点/冬子視点)
有夏ルート1 (恭生・貴理視点/英輝・有夏視点)
有夏ルート2 (恭生・貴理視点/英輝・有夏視点)
百合ルート (恭生・貴理視点/冬子視点)
エピローグ

■感想・レビュー
ダムで無くなる村を舞台にした青春群像劇です。
ダムの村が舞台ですが、特にダムがどうのこうのというような政治的なものはありません。

村の人3人と元村の人2人の5人での恋愛関係を描いた作品といった感じです。
それぞれの視点があることと、ライターの心理描写がうまいこともあり非常に読み応えがあります。
主人公やヒロインたちも実際にいそうであり、かなりリアリティがあります。

同じルートを別視点で何度かプレイすることになりますが、それぞれの思惑が組み合わさっているにもかかわらず矛盾なく一つのルートのエンディングを迎えるライターの技術はさすがです。
といいつつも、同じシナリオを2,3回やるので視点が違うとはいえさすがに疲れますね。
この辺をうまく回避できればもっと素晴らしい作品になると思うのですが。
個人的には冬子視点の話が好きでした。旅館のおばちゃんもいい味出してます。

音楽も雰囲気のある曲がいっぱいあり素晴らしいですね。

■画像とか

貴理ちゃんマジ天使
僕と、僕らの夏0005

なぜ百合を入れたのかと小一時間問い詰めたい。
僕と、僕らの夏0015

主人公に見えないように泣いている冬子さん男前。
僕と、僕らの夏0023

■総評
特にメッセージ性が強い作品というわけではないですが、非常に心に残る作品です。
管理されないクリエイターでお馴染みの早狩武志先生はサラリーマンとの兼業ライターのせいかわかりませんが、現実感のあるシナリオを書くのがほんとうに美味いと思います。
5人の複数視点なのにここまで説得力の話を掛ける人はそうイないでしょう。
エッチシーンもほとんどエロゲーは取ってつけたようなものが多いですが、早狩先生は必然性をもたせている点も非常に評価が高いですね。
絵は今見ると古臭く感じますが、作品の雰囲気合っているので問題ないと思います。

僕と、僕らの夏




2003年発売なのに、いまだに中古3000円代キープしてるのは納得できる出来です。



関連記事
[ 2012/08/14 19:52 ] エロゲ批評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL