大人は楽しいぜっ

このブログには精神的嫌悪感を与える内容が含まれています。
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03

エロゲ「こなたよりかなたまで」 感想・攻略・レビュー

タイトル:こなたよりかなたまで (F&C)

こなたよりかなたまで
発売日: 2003/12/12
ジャンル:ノベル
原画:しゃあ
シナリオ:健速

プレイ時間:12h

 

公式HP:http://fandc.co.jp/product/konakana/

最新パッチ:なし

 

■攻略

以下を参考に100%になりました。

こなたよりかなたまで 攻略 by 愚者の館(アーカイブ)

 

■感想・レビュー

今現在が2016年。この作品は2003年発売なので13年前の作品となりますが、特に古臭いと思える所もなく楽しめました。

 

主人公が死ぬのが確定している中でどのように死を迎えるのかを追っていくストーリーです。

なかなか重い内容ですが主人公が達観しているのであまり悲壮感がないところが良かったです。

 

一番好きなルートは優・泉ルートですね。

あまり期待してなく香苗ルートのために中継点くらいにしか思っていなかったのですが、死生観という意味ではこのシナリオが一番だったと思います。

香苗ルートも良かったんですけどね。

 

印象に残ったのは優・泉ルートの泉が教会で祈っているシーンと優に主人公が死ぬって伝えたシーンかな。

こういうシーンはベタだけど好きなんだよね。

 

■画像とか

こういうシーンは泣いてしまう。。 目から汗が止まらない

 こなたよりかなたまで0010 こなたよりかなたまで0015

 

■総評

主役が死ぬのがわかっている中でどのようにけじめをつけるのかってのがテーマだと思う。

こういう重い作品は最近は減ってるようなあ。

やっていると加奈をなんとなく思い出してしまった。

 

序盤に吸血鬼とかが出たときにはやめようかと思ったけど、結果的には良かった気がする。

主人公の死の対比として不死身の吸血を出すというのはオモシロイと思った。

 

あとは風音の演技が良かった。

調べて出演作品も少ない初期の作品なんですね。

風音は好きな声優だけどより好きになってしまった。風音さん大好き!

 

 


名作。プレイ時間も短いしおすすめ。

関連記事
[ 2016/11/23 23:47 ] エロゲ批評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL